iもどき


 

iもどき とは?

MIDP 用の iアプリ(iモード対応Java)エミュレータです。MIDP 上で iアプリ の API をエミュレートするランタイムライブラリと、それを使って iアプリを MIDP アプリに変換するツールとで構成されています。

巷にある豊富なiアプリを、ezplus 対応携帯端末 (KDDI)、J-PHONE Java ア プリ対応携帯端末や、その他の MIDP 対応デバイス上で動作させることができます (できる予定です)。

iもどきの構成

変換ツールによって iアプリにエミュレーションライブラリを付加、その他 の処理を行なって、MIDlet の *.jar, *.jad を出力します。

iもどきの構成

変換後のMIDPアプリの構成

変換後の MIDP アプリは、iアプリの jar にエミュレーションライブラリが 付加された形になります。iアプリの側からは自分が DoJa の環境で動いている ように見え、MIDP デバイス側からはふつうの MIDP アプリが動いているように 見えます。

変換後のMIDPアプリの構成

スクリーンショット

テストiアプリを i-JADE で動かしたもの 変換後のMIDPアプリを J2ME Wireless Toolkit のエミュレータで動かしたもの
iアプリ MIDPアプリ

注意

  • 「i-mode/アイモード」はNTTドコモの登録商標です。
  • 「iアプリ/アイアプリ」「iαppli/アイアプリ」は、NTTドコモの商標です。
  • JavaおよびJ2MEは、米国およびその他の国における米国Sun Microsystems, Inc.の商標または登録商標です。

$Date: 2003/04/06 01:11:10 $